形成外科、美容外科なら心斎橋藤井クリニック大阪

フェイスリフト・刺青除去|心斎橋藤井クリニック

mail

06-6251-0111

その他治療(美容外科)

その他(美容外科)のおすすめ施術

フェイスリフト(顔面弛み除去術)治療について

顔面の若返り治療として「フェイスリフト」(SMAS法)手術があります。
フェイスリフトは簡単に言うと、顔面の皮膚及び皮下組織のたるみや、たるみによって生じるシワを除去することによって、顔の輪郭を若々しくさせる手術です。頬や下顎のラインが弛んできたなと感じたら一度ご相談ください。現在の状況に合わせて、本格的な(外科的な)治療から簡単な若返り治療まで、患者さんに最適な改善方法を提案いたします。


SMAS法は、顔の皮膚をはがし、内部のSMAS(表在性筋膜)を吊り上げる持続効果の高いリフトアップ法です。

こんな方におすすめです。

  • 頬のたるみで鼻唇溝が深くなってきたなと感じてきた。
  • あごがたるんで顔が四角形にみえる。
  • 顔の輪郭をシャープに見せたい。

院長からのメッセージ

フェイスリフト手術では、顔の弛みをとる治療ですが、患者さんの何が老けて見えている原因なのか。これを良く見極めてから治療をします。
単純に皮膚を引き上げる(タイトニング効果)のではなく、老化とともに重力で下垂したSMAS(顔面表在筋膜)を含んだ皮下組織を引き上げる(オグメンテイション効果)さらに、余分になった皮膚や皮下組織の除去(リダクション効果)を同時に行うことにより、引き上げ効果が持続するようにします。

フェイス&ネックリフト

施術時間
3〜3.5時間
麻酔
局所麻酔
術後の腫れ
3日目に目周囲や頬(もみあげ前)に腫れが出ます。
適応年齢
40~50代
効果の出る範囲
①頬のたるみ ②顎のライン ③首のたるみ
ダウンタイム
7日間(個人差あり)
シャワー及びメイクの可能日
施術から2日後
抜糸
8日から10日目
効果の持続
3~5年

フェイスリフト

施術時間
2.5〜3時間
麻酔
局所麻酔
術後の腫れ
ほとんど腫れませんが、術後3日目に耳前(もみ上げ)と
下顎に腫れが出現します。
適応年齢
40~50代
効果の出る範囲
①頬のたるみ ②顎のライン
ダウンタイム
7日間(個人差あり)
シャワー及びメイクの可能日
施術から1日後
抜糸
8日から10日目
効果の持続
3~5年

マイルドフェイスリフト

施術時間
2時間
麻酔
局所麻酔
術後の腫れ
3日目に目周囲や頬(もみあげ前)に腫れが出ます。
適応年齢
20~30代
効果の出る範囲
顎のライン
ダウンタイム
4日間(個人差あり)
シャワー及びメイクの可能日
施術から1日後
抜糸
8日から10日目
効果の持続
3~5年

フェイスリフトのQ&A(もっと詳しく知りたい)

手術後痛みはありませんか?
麻酔の注射をしてから処置を行うので、術中痛みは感じません。術後麻酔が切れてからも、痛みはそれほど感じられません。
手術後は腫れたり、内出血は起こしませんか?
手術後は内出血で、皮膚が青くなったり、腫れることがありますが、化粧で隠せる程度のものですから心配はいりません。腫れのピークは大体1週間程度と考えてください。
術後の安静は必要でしょうか?
術後は普段の生活を送る程度であれば、なんら問題はありません。しかし、血圧があがるような行為(激しい運動、飲酒など)は必ずさけて下さい。顕著な腫れや内出血の原因となります。手術後はしばらく冷たいタオルなどで冷やして下さい。
手術後の傷跡は目立ちますか?
術後の傷跡は時間の経過とともに、ほとんど目立たなくなります。また、髪の毛で隠れる部分を切開するので、他人から見てもわかりません。

イレズミ・アートメイクの切除術について

時間的に制約かある場合や小さなイレズミやアートメイクでは、治療の効率化を図るために皮膚を切除して治療します。

こんな方におすすめです。

  • 面接や結婚式などがあり、どうしても早く除去したい。
  • イレズミ治療の後が、「まだら」になって見てくれが悪い。
  • 見えない部分なので一回で除去して欲しい。

院長からのメッセージ

イレズミやアートメイクの治療は、レーザー治療や皮膚ごと切除する方法などありますが、墨の量や深さ、コスト、時間的な問題など、様々なニーズがありますので、患者さんのご希望を十分に聞き、納得した治療方法を選択します。

痩身治療について

メソセラピーは気になる部分の脂肪を溶かすまたは分解する痩身治療です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)

局所的な皮下脂肪やセルライトの改善を目的として行います。脂肪分解や炎症抑制、抗酸化作用を持つ薬物を少量ずつ混ぜ合わせ、身体的負担を軽減させながら注射を行います。

BNLS neo

新成分のデオキシコール酸が配合されて更に痩身効果がアップした「BNLSneo」
※デオキシコール酸は米国FDAで脂肪分解効果が認められた医薬品成分です。

新成分のデオキシコール酸が配合されて更に痩身効果がアップした「BNLSneo」
※デオキシコール酸は米国FDAで脂肪分解効果が認められた医薬品成分です。

術前

術後7日後

術前

術後7日後

適応部位

①額(前額部)
脂肪過多、脂肪注入後の修正
②上まぶた(上眼瞼)の脂肪
③鼻の脂肪
鼻の輪郭をシャープにする
④小鼻(鼻翼部)
⑤こめかみ
⑥頬骨部
⑦頬(法令線のあたり)
⑧下頬部
⑨下顎の輪郭
⑩側頬部
⑪顎下部(オトガイ下部)

脂肪溶解注射(BNLSneo)のQ&A(もっと詳しく知りたい)

1回の治療でも十分な効果を期待出来ますか?
1回の治療でも効果は期待出来ますが、十分な効果を出すには3回程度の治療をお勧めします。
凹凸になることはありますか?
カニューラを使用しないと凹凸になる可能性があるので、カニューラの使用が推奨されます。
脂肪溶解注射のように硬いしこりが残ることがありますか?
非常にまれにしこりが残る場合がありますが、これは血腫によるものと考えられます。
BNLSによるものではなく、注入テクニックによるものと考えられます。
下眼瞼のたるみ(baggy eyelids)にも効果がありますか?
効果はありますが、劇的な変化は期待できません。

注意事項

  • あざができても、1週間で消失します。
  • 注射当日は注入部位に触れたり、こすったりしないで下さい。
  • 翌朝まで洗顔や化粧はしないで下さい。
  • 飲酒は控えて下さい。
  • 治療後3日間はサウナを控えて下さい。
  • 治療後3日間の有酸素運動(エアロビクス)を推奨します。少なくとも1時間は行なって下さい。
  • RF(ラジオ波)治療を行なう場合は、リンパ排液を介して身体から溶解した脂肪を排出させるために、
    本治療の3~5日後を推奨します。
乳頭及び乳輪の再建手術、乳房縮小術について

乳頭及び乳輪肥大の治療(乳頭・乳輪縮小術)

出産や授乳、加齢によって、乳頭が肥大すると一般的に下垂してしまうことが多く、乳輪も大きくなり、見た目が悪くこのような状態を好まない場合、余剰の皮膚及び皮下組織を切除して、元の状態に修正することが可能です。

こんな方におすすめです。

  • 妊娠出産後、乳頭や乳輪が異常に大きくなって恥ずかしい。
  • 乳頭、乳輪の若返りを希望する。
  • 授乳機能を温存しつつ、形態を性的に魅力的な形にしたい。

院長からのメッセージ

近年、乳頭形状や乳輪の縮小を希望する患者さんや、授乳後、乳頭のみが異常に肥大してしまい、授乳前の形状と縮小を希望される患者さんが増えています。これは病気ではありませんが、社会的にニーズの変化でしょう。このような場合、肥大した乳頭や乳輪を部分的に切除し、本来の形の良い乳頭に再建することが可能です。


キズ痕は、もともと乳頭や乳輪は色素沈着している部分であるのでほとんど目立ちません。様々な術式があり、個々の患者さんによって治療方法も様々です。

乳房縮小術および乳腺摘出術

乳房縮小術は、乳腺組織や皮膚組織も切除して、乳房を小さくする治療です。
授乳機能を温存したい場合や部分的に張りだした乳房外側を小さくしたい場合など、その目的に応じて術式を選択しなければなりません。従って、縮小を希望される患者さんと十分なコミュニケーションをとり、治療することになります。

こんな方におすすめです。

  • 乳房が大きすぎて肩がこる。
  • 乳房の重みから姿勢が悪くなり腰痛や頸肩腕痛で悩まされている。
  • 下着が食い込んでいたい。
  • 乳房下溝部に湿疹が頻発する。
  • 運動時に乳房が大きすぎて困っている。

院長からのメッセージ

乳房の内容組織、皮膚組織も切除して乳房を小さくします。日本ではこの治療を希望される患者さんは、それほど多くはありませんが、欧米では非常に多い美容手術です。非常に大きすぎる乳房を切除して乳房の形態を整えるという治療です。

乳房の再建手術

当院では豊胸手術は行っておりません。

性同一性障害(GID)における乳腺摘出ならびに乳房縮小術

性別適合手術のひとつである乳腺摘出術ならびに乳房切除術を当院では行っています。この手術は、男性型の胸郭を形成することを目的としていますが、乳房の大きさなど、様々な形があるため、手術の方法も多岐にわたります。治療に関しては、十分な治療計画をたて、また手術を行う前に、精神科医師による性同一性障害の診断を受ける必要があります。


内性器の摘出や外性器の再建は施行していません。

乳腺除去の手術前

乳腺除去の手術後

女性性器治療について

小陰唇肥大

小陰唇の大きさは、本来個人差があるもので、特に性生活に問題がなければ、治療の適応はないとされましたが、やはり社会情勢の変化でしょうか、最近では、小陰唇の左右差や大きさを気にされて、受診される患者さんがいらっしゃいます。

当クリニックの治療方法

小陰唇の肥大には、小陰唇縮小術を行いますが、これは、余剰な皮膚とその下層にある結合組織を楔状に切除し、本来の形状に整えます。
通常会陰部周囲の手術では、術後出血しやすい部分であり、小陰唇も例外ではありません。従って、術後は激しい運動や入浴はさけ、安静にすることが必要です

陰核包茎

陰核(クリトリス)が皮膚に覆われてしまい性的興奮でも露出しない状態をいいます。陰核包茎の手術は、陰核を覆った余剰皮膚を切除する方法が一般的です。

包茎治療について

形成外科専門医の院長がカウンセリング時に状態やご希望を伺い、最適な治療方法をご提案致します。

包茎とは、包皮により亀頭が覆われて露出しない状態を言います。通常、真性包茎と仮性包茎に分けられ、真性包茎は包皮輪が狭窄しているため、包皮の反転が不可能となり、亀頭の露出が出来ない状態ものをいいます。一方、仮性包茎は、勃起時または用手的に亀頭が露出できるものをいいます。

3歳頃までは、ほとんどの場合は真性包茎で、18歳を過ぎるとその割合は1%程度と言われています。仮性包茎は日本人の成人男性の約80%は仮性包茎といわれていますが、性交時に問題がなければ、そのまま放置する場合が多いようです。しかし、包茎が原因での排尿障害や亀頭包皮炎を頻回に生じる場合は、治療の適応となります。

当クリニックの治療方法

文献などの報告では、5歳以降まで残る真性包茎は、手術の適応とされています。手術方法は基本的に背面切開法と環状切開法があります。成人の場合は、後者の環状切開法を第一選択としており、小児の場合は背面切開縫合術がしばしば用いられます。しかし、この背面切開法は、包皮が余ってしまい、あまり“見てくれがよくない”ため、概ね成人の場合と同様に環状切開縫合術を選択しています。

術後のキズ痕修正

他医院で行われた手術で、雑に縫合されたため、キズ痕が目立ってしまった場合や、包皮が完全に取れきれておらず、仕上がりがわるい場合など、様々な術後のトラブルに対しても対応していますので、気軽に受診してください。

包茎治療のQ&A(もっと詳しく知りたい)

麻酔はしますか?
通常包茎治療の場合局所麻酔を用いて手術を行います。麻酔を施す部分は、陰茎根部皮下に麻酔薬を注入し痛みをコントロールします。約2時間程度麻酔の効果が持続しますので術中に痛むことはありません。しかし、麻酔の効果が失われると痛みが出現しますのが、安静にしていれば、自制できます。必要に応じて痛み止めの内服薬を処方しますので心配ありません。
手術後に注意することはありますか?
手術後、バンテージをしっかりしますので、著しい腫れや痛みはありませんが、激しい運動やアルコールの飲酒、性交などは、出血や腫脹、痛みの原因となりますので絶対に避けてください。
通院はどれくらい必要ですか?
手術後翌日は必ず来院していただきます。その後の経過によりますが、抜糸まで3〜4回程度の通院で良いかと思います。
性交はいつぐらいからできますか?
手術後約2週間後に抜糸を行います。抜糸をしたからといって、すぐに性交が可能というわけではありません。キズが安定するまでしばらく安静が必要です。抜糸後約4週間は間隔をあけてください。
包茎で恥垢がたまり不潔になっていると将来癌になりますか?
巷では、包茎を放置しておくことは、なんら有益なことはなく、陰茎癌や性交渉相手の子宮頚癌の発生率が高くなるといわれますが、現在のところ因果関係は明らかにはなっていません。従って、急いで治療を受けることはないと思います。しかし、形態的なもの(見た目が悪い)、悪臭が酷いなどの場合は、患者さん自身の判断で治療を受けるかどうか決められても良いかと思います。

ピアス(piercing)について

以前までは、耳垂に小孔をあけるピアッシングが一般的でしたが、近年では、耳垂以外の部位にも小孔をあけることを希望される患者さんが増えてきました。
当クリニックでも年々、ボディピアスを施行するケースが多くなりました。小孔をあける場所も、臍、舌、口唇部、眉毛など様々ですが、やはり、ファーストピアスは医療機関で行なうことが、非常に大切と考えています。その理由として、ウイルス、細菌などによる感染症の問題、ピアスの材質によるアレルギーの問題など、様々な合併症や後遺症を引き起こすことがあるため、安易なピアッシングは避けましょう。

ピアスに関する注意事項

  • このような方
  • 1. 装着する場所に慢性的な皮膚炎を生じている場合。
  • 2. 時計やネックレスで何度も“かぶれ(皮膚炎)”を起こしている既往がある場合。
  • 3. ケロイド体質の方。

など、施行をお断りする場合がございます。ピアスは必ず、医療機関で開けてもらうようにしましょう。

お問い合わせ・ご予約
ページトップへ
ページトップへ

気になる悩み、まずはお気軽にご相談ください。

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13-11ミフネ南船場ビル5F 
四ツ橋駅 1A出口 徒歩5分 心斎橋駅 北12番出口 徒歩7分