形成外科、美容外科なら心斎橋藤井クリニック大阪

しみ・刺青・アートメイク除去|心斎橋藤井クリニック

mail

06-6251-0111

しみ・美白・くすみ・あざ・刺青・アートメイク除去

「しみ・美白・くすみ・あざ・刺青・アートメイク除去」のおすすめ施術

しみ・あざ・くすみのレーザー治療について

シミ・アザ・クスミなどの皮膚色素異常症の治療は、医療用レーザー治療機器の格段の進歩によって、治療成績が飛躍的に向上しています。当クリニックでは、Q-スイッチ・アレキサンドライトレーザー、Nd:YAGレーザー、IPL、炭酸ガスレーザーなどの機器を導入し、積極的にアザやシミの治療を行っております。
しかし、すべてのアザやシミがレーザー治療で完全に治るものではありません。また、一回の治療で綺麗に治るものではありません。アザやシミの治療は、患者さんにも我々医師にも非常に根気のいる病気です。一部健康保険が認められているアザもありますので、気軽にご相談ください。

シミ・アザ・クスミなどの皮膚色素異常症の治療は、医療用レーザー治療機器の格段の進歩によって、治療成績が飛躍的に向上しています。当クリニックでは、Q-スイッチ・アレキサンドライトレーザー、Nd:YAGレーザー、IPL、炭酸ガスレーザーなどの機器を導入し、積極的にアザやシミの治療を行っております。
しかし、すべてのアザやシミがレーザー治療で完全に治るものではありません。また、一回の治療で綺麗に治るものではありません。アザやシミの治療は、患者さんにも我々医師にも非常に根気のいる病気です。一部健康保険が認められているアザもありますので、気軽にご相談ください。

しみ・あざの種類

太田母斑(及び遅発性太田母斑様色素斑)

アザで最も多く見られる青アザで、目の周りや額などに生じ、東洋人に多いのが特徴です。以前はこのアザを治療するために、皮膚を削ったり、またアザの部分を切除して皮膚移植などを行って治療していました。しかし、近年では、Q-スイッチ・アレキサンドライトレーザーの登場により、部位や色の濃さ、さらに範囲などにより、照射回数に個人差はありますが、ほぼ根治することが可能になりました。

脂漏性角化症・老人性色素斑(いわゆるシミ)

加齢により、また過度の日焼けにより出現する、茶色い色素沈着症です。最初は、薄い茶色ですが、徐々に濃くなり境界もはっきりとして目立ってきます。このような”シミ”は、殆どの場合は、治療が可能ですが再発しますので、日頃の日焼け止めや角質ケアなどのスキンケアが必要です。

しみ・あざの症例紹介

雀卵斑(ソバカス)の症例

施術前

施術後

老人性色素班(しみ)の症例

施術前

施術後

太田母斑の症例

施術前

施術後

遅発性太田母斑様色素斑の症例

施術前

施術後

施術前

施術後

施術前

施術後

外傷性刺青の症例

施術前

施術後

レーザー治療後の注意点

診察後、各々のシミ・アザに対してレーザー治療の適応があれば照射を行います。
まれなケースではありますが、治療後に、炎症後色素沈着を生じる場合があります。従って、初回照射は、一部分のみのテスト照射にとどめ、後日結果が良好であれば、徐々に他の部位の治療を進めていきます。レーザー治療で概ね消失させることが可能ですが、治療後以下の点に注意して下さい。

  • 日焼けを絶対にしないで下さい。少しでも紫外線に暴露されますと、炎症後色素沈着の原因となります。日焼け止めクリームは必ず塗布して外出してください。
  • 洗顔やお化粧はされても構いませんが、処方される軟膏とテープは、医師の指示があるまで必ず1日1回交換してください。
  • 照射した部分をこすったり、掻いたりしないでください。
  • 再発防止のために、常に遮光クリームを使用する。また、継続的にビタミンCの内服や外用治療をお勧めします。

治療の実際

アザやシミの種類によって多少皮膚変化は異なりますが、概ね以下の様な経過をたどります。

シミの場合、照射直後は一時的に皮膚が白くなり、また周囲の皮膚が赤く腫れます。この赤みと腫れ、ヒリヒリ感は60分以内にはおさまります。
3〜4日頃から薄いかさぶたが形成され、照射する前よりも色が黒くなります。患者さんの多くは、大丈夫か心配になりますが、7日目頃になるとこのかさぶたが脱落し、下からピンク色の新しい皮膚が再生して、シミが完全に取れるという経過をたどります。

アザ(太田母斑など)の場合、シミの皮膚変化とほぼ同様ですが、真皮内のメラニン色素の量が多いので、痛みや腫れ、さらに発赤がシミの場合より強く出現してきます。
また浸出液が出てきますが、1週間程度で乾き、シミの時よりやや遅れて、かさぶたが形成されます。1回の照射では消えませんが、何回か繰り返し照射することで、徐々に色調が薄くなりますので、根気良く治療を続けてください。

しみ・あざ治療のQ&A(もっと詳しく知りたい)

レーザー治療前に日焼けをしても大丈夫ですか?
基本的にレーザー治療前の日焼けは厳禁です。特に日焼け直後のレーザー照射は、絶対に避けた方がよいので、必ず担当医師に申告してください。
レーザー照射の痛みはありますか?
全く無痛ではありません。メラニンなどの色素量が多い場合は、それだけ、光エネルギーも大量に吸収され、熱を発散しますので、痛みも増強します。必要に応じて、麻酔クリームの塗布、局所注射などの麻酔処置を施します。
妊娠中の場合、治療は可能でしょうか?
レーザー光線をおなかの中に直接照射するわけではないので問題はありません。しかし、妊娠中は、まず胎児のことを優先して、シミやアザの治療はある程度落ち着いてから治療を行うことをお勧めします。
副作用や後遺症はありませんか?
全く後遺症がないということはありません。レーザー光線は、レントゲンなどの放射線などと異なり、有害なものではありませんが、過度のレーザー治療によって、一時的に色素が脱出する場合があります。適切な処置を行えば、いずれ元の状態にもどります。
他の病気で薬を飲んでいますが大丈夫でしょうか?
薬剤によっては、光を吸収して色素を増強させるものもあります。必ず治療前には薬剤を内服していることを担当医に申告してください。

OxyGeneo+トライポーラRFトリートメントについて

OxyGeneo(角質除去・浸透美容・酸素供給)+ トライポーラRF(第3世代のラジオ波)トリートメント

効能

1.余分な角質層の除去
2.肌の再活性に必要な栄養素を浸透
3.内側から自然に肌へ酸素を供給
4.トライポーラRF(ラジオ波)で肌のリフトアップ

OxyGeneo(角質除去・浸透美容・酸素供給)+
トライポーラRF(第3世代のラジオ波)トリートメント

効能

1.余分な角質層の除去
2.肌の再活性に必要な栄養素を浸透
3.内側から自然に肌へ酸素を供給
4.トライポーラRF(ラジオ波)で肌のリフトアップ

1つの器械でできる4つ(3in1)のアプローチ

天然温泉からインスピレーションを得て開発されたOxyGeneoは二酸化炭素を含む無数の微量な泡を発生させ、Bohr効果と呼ばれる物理的反応(血液循環の増進・酸素濃度の高い血液を送り込む・肌代謝の亢進)がおこると同時に個包装の専用ジェルで肌表面で反応を起こすことでクレンジングと角質除去をもたらします。その後、トライポーラRF(ラジオ波)を用い真皮のコラーゲン繊維を収縮させ短期間での肌の引き締め効果が期待できます。 このOxyGeneoとトライポーラRFの組み合わせでより表皮と真皮の肌質改善に効果的です。

1つの器械でできる4つ(3in1)のアプローチ

天然温泉からインスピレーションを得て開発されたOxyGeneoは二酸化炭素を含む無数の微量な泡を発生させ、Bohr効果と呼ばれる物理的反応(血液循環の増進・酸素濃度の高い血液を送り込む・肌代謝の亢進)がおこると同時に個包装の専用ジェルで肌表面で反応を起こすことでクレンジングと角質除去をもたらします。その後、トライポーラRF(ラジオ波)を用い真皮のコラーゲン繊維を収縮させ短期間での肌の引き締め効果が期待できます。
このOxyGeneoとトライポーラRFの組み合わせでより表皮と真皮の肌質改善に効果的です。

イオン導入(高濃度ビタミンⅭ、高濃度ビタミンA)

皮膚のコンディションを整えながら、ビタミンの補給を促す

細やかな皮溝や年齢サインにもピッタリと密着して通電性を高めるアルジネートマスクを使用し、効果的にイオン導入を行うトリートメントです。ビタミンの浸透と整肌が同時に行えるため、くすみ・敏感肌・乾燥肌・日焼けによる炎症・にきびの方に幅広くおすすめです。

皮膚のコンディションを整えながら、ビタミンの補給を促す

細やかな皮溝や年齢サインにもピッタリと密着して通電性を高めるアルジネートマスクを使用し、効果的にイオン導入を行うトリートメントです。ビタミンの浸透と整肌が同時に行えるため、くすみ・敏感肌・乾燥肌・日焼けによる炎症・にきびの方に幅広くおすすめです。

AHA(乳酸)ピーリング

低刺激な乳酸を使用し、角質ケア+ハリを与える

乳酸のマイルドな角質ケアで肥厚している角質のターンオーバーを促して、肌質をなめらかにします。抗菌効果もあり、肌のはり・美白・保湿・ニキビ肌の方へおすすめです。

フラクショナルレーザー(ResurFX)

対象として、小じわ・にきび跡・傷跡・毛穴の開きの改善。

凸凹のない滑らかな肌に導く皮膚再生治療レーザーになります。

ResurFXのレーザー光は毛根に反応しないため、従来のレーザーで照射できなかった眉毛上や髪の生え際まで照射が可能になりました。目元や頬、額のリフトアップに大変効果的です。また色素に反応せず表皮にもほとんどダメージを与えないため肌の色が黒い方にも安心して施術できます。

対象として、小じわ・にきび跡・傷跡・毛穴の開きの改善。

凸凹のない滑らかな肌に導く皮膚再生治療レーザーになります。

ResurFXのレーザー光は毛根に反応しないため、従来のレーザーで照射できなかった眉毛上や髪の生え際まで照射が可能になりました。目元や頬、額のリフトアップに大変効果的です。また色素に反応せず表皮にもほとんどダメージを与えないため肌の色が黒い方にも安心して施術できます。

ResurFX治療は、一般的レーザーより極めて小さなスポットサイズのエルビウムガラスレーザーを剣山状に照射します。角質層とその周辺組織へのダメージを最小限に抑えられますのでダウンタイムも少ないです。
表皮から真皮層に微細な損傷を起こすと、創傷治癒反応が起こり、皮膚の再生が促進されます。

ResurFX治療は、一般的レーザーより極めて小さなスポットサイズのエルビウムガラスレーザーを剣山状に照射します。角質層とその周辺組織へのダメージを最小限に抑えられますのでダウンタイムも少ないです。
表皮から真皮層に微細な損傷を起こすと、創傷治癒反応が起こり、皮膚の再生が促進されます。

刺青・アートメイク除去(レーザー治療)について

外傷性刺青(イレズミ・アートメイク)

最近、アートメイクの除去を希望される患者さんが増えている傾向にあります。従来では、皮膚を削ったり、部分的に切除して色を薄くしてきましたが、現在では、レーザー治療(特にQ-スイッチ・アレキサンドライトレーザー)を施すことにより、色素を分解し除去することが可能となりました。墨の色や量(色の濃さ)、さらに墨の入っている深さにより治療回数は異なりますが、ほぼ消し去ることが出来ます。

フォトフェイシャル(IPL)について

フォトフェイシャルはIPLという光を顔全体に照射することで、気になる小じわ、しみ、そばかす、ニキビ跡、毛穴の開き、赤ら顔など、あらゆる肌トラブルを改善します。
IPLは皮膚を活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増加させます。
光の波長を変えられるので、一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療ができるのが魅力で、素肌へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

お問い合わせ・ご予約
ページトップへ
ページトップへ

気になる悩み、まずはお気軽にご相談ください。

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13-11ミフネ南船場ビル5F 
四ツ橋駅 1A出口 徒歩5分 心斎橋駅 北12番出口 徒歩7分