形成外科、美容外科なら心斎橋藤井クリニック大阪

目元・目の周り治療|心斎橋藤井クリニック

mail

06-6251-0111

目元・目の周り・二重まぶたの治療

「目元・目の周り・二重まぶた」のおすすめ施術

目元・目の周り・二重まぶたの治療について

<二重まぶたの手術>

美容外科手術の中で、二重まぶた術は最もポピュラーな手術です。比較的簡単に出来るものから、繊細な技術やセンスなどを要求されるような難しい手術まで、様々な方法があります。 当クリニックでは、患者さん一人一人の顔に適した二重まぶたを作成するために、手術の前に十分にシミュレーションを行います。その人のまぶたの厚みや皮膚の状態、そして微妙な目や眉の動きを厳密に計算し、しかも顔全体のバランスに合わせて自然な二重まぶたを作ります。

美容外科手術の中で、二重まぶた術は最もポピュラーな手術です。比較的簡単に出来るものから、繊細な技術やセンスなどを要求されるような難しい手術まで、様々な方法があります。 当クリニックでは、患者さん一人一人の顔に適した二重まぶたを作成するために、手術の前に十分にシミュレーションを行います。その人のまぶたの厚みや皮膚の状態、そして微妙な目や眉の動きを厳密に計算し、しかも顔全体のバランスに合わせて自然な二重まぶたを作ります。

埋没縫合法について

埋没法は一切メスを用いず、髪の毛よりも細い糸で固定し、まぶたに二重のラインを作成する方法です。この方法で二重まぶたを作成した場合、手術時間はごくわずかで完了し、術後の腫れも数日で回復します(早期に社会復帰ができる)。また、翌日から洗顔も化粧も可能です。欠点として、まれではありますが、縫合した糸が偶発的に緩んだり切れたりすることがあり、二重のラインが浅くなることがあります。

埋没法2点留め

術前

術後

【埋没法に不適応な患者さん】
全ての人が埋没法で「整った二重まぶたが作れる」というわけではありません。次のような患者さんは、埋没法には適さない場合があります。腫れぼったいまぶた、皮膚のタルミが著しい場合は、切開縫合法の適応となります。

切開縫合法について

切開法は、まぶたにメスで切開を行い、皮下組織を除去して二重まぶたになりやすい様にする方法です。このまぶたの傷跡は殆ど分からないので心配ありません。この切開法の利点として、元の一重の状態に戻りにくいこと、二重の形状(平行型、末広型など)を作成しやすいことが挙げられます。また切開縫合法には、全切開法と部分切開法(小切開術)があり、それぞれ患者さんのまぶたの状態をみて、どちらかの術式の選択をします。

術前

術後

術前

術後 約3ヶ月

二重まぶた治療のQ&A(もっと詳しく知りたい)

痛みはありませんか?
麻酔の注射をしてから処置を行うので、術中痛みは感じません。術後麻酔が切れてからも、痛みはそれほど感じられません。
腫れたり、内出血は起こしませんか?
手術は慎重にまた丁寧に行います。しかし、まれに内出血を生じて青くなったり、腫れることがありますが、化粧で隠せる程度のものですから心配はいりません。また術後、切開法及び埋没法ともに術後二重の幅が設定したものより、広く見える場合がありますが、麻酔薬などにより腫れを生じるためですから、心配ありません。
術後の安静は必要でしょうか?
術後は普段の生活を送る程度であれば、なんら問題はありません。しかし、血圧があがるような行為(激しい運動、飲酒など)は必ずさけて下さい。腫れや内出血の原因となります。手術後はしばらく冷たいタオルなどで冷やして下さい。
洗顔や化粧はいつ頃からしても良いでしょうか?
術後のメイクは、翌日からでもかまいません。しかし、マスカラなどのアイメイクは、埋没法切開法いずれにおいても、一週間程度の期間をあけてからされた方が良いでしょう。
コンタクトレンズはいつから装着できますか?
埋没法では術後から翌日には装着が可能です。しかし、違和感があれば、2〜3日の期間をあけてから装着した方が安心です。切開法の場合、一週間ぐらいは様子を見られた方が良いと思います。
術後どれくらいで抜糸できますか?
基本的に切開法で二重の手術をした場合、抜糸は、状態にもよりますが4〜5日目に行います。
まぶたがかぶれているときでも手術はできますか?
基本的には、手術は可能ですが、術後の腫れや内出血が通常より強く出現することが多いので、かぶれがおさまってから手術を受けられた方が良いでしょう。

二重まぶた手術を受ける場合、以下のようなことを知っておくべきです。

  • 埋没法は、切開縫合法に比べて、二重の線が消失しやすいものですが、手術時間も短時間で、早期の社会復帰が可能です。
  • 腫れぼったいまぶたや、皮膚が下垂してあまり大きく開かないまぶたの場合は、本来、埋没法で手術するべきまぶたではありません。早期に「ふたえ」の線が消失したり、自然な二重まぶたができなかったりと、問題が多いので切開縫合法が適応となります。
  • 二重の幅は、本来全く左右対称というものではありません。少々、左右差がある二重まぶたの方が、かえって自然で、寸分違わない幅の二重まぶたは不自然に見え、人工的な印象を与えてしまいます。左右差が1mm以内程度のものであれば、全く問題はりません。
  • 基本的に二重まぶたの術後、幅や形は年次経過で多少変化するので、何年か経ってから、再度手術が必要となる場合があります。
眼瞼周囲の弛み・皺取り手術について

眼周囲の皺や弛みは、年齢を増すごとに気になってくるものです。早い人では20歳から始める場合もあり、年齢より老けてみられたり、疲れて見られたりと、様々な動機で治療を希望される患者さんがいらっしゃいます。この皺取り術は、まぶたの状態により、様々な方法がありますが、基本的には、余剰皮膚を切除し、弛み・皺を除去し形を整えることが出来ます。

上眼瞼除皺術(たるみ取り)について

性別にかかわらず、加齢によって、上まぶたが目に覆い被さり、目が三角形に見える、まぶたが重くて目が開きにくい、視野が狭くなって物が見えにくい、疲れやすいという症状があります。これは、皮膚が余って弛むのと同時に、まぶたの筋肉(眼輪筋)も薄く弛んでくるために起こるのです。また、この上まぶたの除皺術の治療を受ける最も多い理由の一つに「老けて見られることを何としても改善したい」という審美的な要望があります。この上眼瞼除皺術を受ける事により、以前よりは、多少ですが目の周りがすっきりして見えるようになるため、印象が良くなる傾向にあります。

手術の方法

上眼瞼のタルミ取り、もしくは皺取りは、弛んでしまった皮膚やその他の余分な組織を取り除くことを目的としており、細かな皺(ちりめん皺)が無くなったり、目の凹みが改善される訳ではありません。
また、この除皺術は、重瞼術とは基本的に異なるものですが、二重まぶたと密接な関係にあるため、単純に余った皮膚を取り除けば良いという簡単なものではありません。個々の患者さんのまぶたの状態(たるみの程度、腫れぼったさ、下垂の有無など)によって、様々な手術方法があります。症状や患者さんの希望に応じて、各種の術式から組み合わせて治療します。

【術後の処置と経過】

手術時間は、両眼で約1時間半、麻酔は局所に注入します。術後の抜糸は5日目から開始し7日目までに完了します。術後は、余剰皮膚の切除範囲、皮下組織の切除量によって変わりますが必ず腫れます。しかし、1週間から2週間程度で改善します。最終的な仕上がりは、約3ヶ月は見ておいた方がよいでしょう。

術前

術後

術後に起こる合併症

  • 腫脹(腫れ)
    程度に差はあるが、必ず腫れます。この場合、非常に不自然に見えることがあり、時に二重まぶたの幅が異常に幅広く見えることがあります。時間の経過とともに改善します。
  • 皮膚の知覚鈍麻
    切開した部分から睫毛までの間の皮膚が、一時的に知覚が鈍くなります。アイメイクをした時に気がつく場合が多く、心配される患者さんがおられますが、2、3か月で正常に戻ります。
  • 開眼時の違和感
    手術により視野が広がるので、これまでより太陽の光がまぶしく感じられることがあります。少しずつ慣れてくるので心配ありません。
  • 閉眼不全
    下垂の程度によって変わりますが、過矯正ぎみにまぶたを引き上げていますので、一時的に目が閉じにくくなります。特に睡眠時に目が乾燥してしまうので、短期間ではありますが、角膜を保護するような点眼薬を使用することがあります。
  • 皮下の出血班
    まぶたの皮下には、小血管が無数にあり、術後多少損傷されてしまうので斑点状の出血班が出現します。激しい運動や、アルコールの摂取などで出血しやすくなるので、可能な限り安静と患部を冷やす事を患者さんに勧めています。1〜2週間程度で改善します。
  • 傷跡の赤み
    よく患者さんから聞かれることの一つに、術後の傷跡が残りませんかという質問を受けますが、切開した後の傷跡は残ります。しかし、まぶたの皮膚は非常に治癒が早く、傷跡も数ヶ月で目立たなくなります。
  • 目つきがきつくなったような気がする
    目がくっきりとなるため、他人には印象が変わってみられることがあります。これは合併症というより、主観的な問題なので十分に術前にシミュレーションをしてから治療に望むようにしています。

下眼瞼除皺術(アイリフト)について

目の下のタルミは、年齢とともに、皮膚やその下の筋肉(眼輪筋)が薄く弱くなり、眼球を保護する脂肪が前方に突出して、目の下にふくらみを作ることが原因です。このため、シワが二重三重に重なりあったり、垂れ下がったり、膨らんだりと、実に様々な現象が起こります。
これらのタルミの解決法として、最も一般的な方法として、睫毛の約2mm下の皮膚を切開して、余分な皮膚、眼輪筋、脂肪を取り去る方法を行います。術後、目の下に腫れと皮下血腫(打撲した時に出来るアザ)を生じますが、早い人で1週間、遅くとも2週間程度で改善します。また、抜糸は5日から7日で完了します。但し、皮膚を切除しすぎたりすると、まぶたが外反(アッカンベーをした状態)したり、脂肪を取りすぎると、目の下が窪んでしまい逆に老けて見えたりするので、十分経験の積んだ専門医に手術をしてもらった方がよいでしょう。

いわゆる腫れぼったいまぶた(Buggy eyelids形成術)について

膨らんだバックのような目元を意味します。日本人などの東洋人は、西洋人とは異なり、眼球を保護している脂肪が前方に突出していたり、垂れ下がって厚く見えたり、また、まぶたの皮膚やその下層の組織が元々厚いため、腫れているように見えるのが原因です。
このような場合、治療は難しいのですが、脂肪組織の量、皮下組織が過多であれば、それを切除して多少改善することは可能です。
Buggy eyelidsの中には、まぶたに腫瘍(できもの)ができたり、眼球が突出してまぶたが腫れているように見えるので、このような場合は、手術は腫瘍切除か、眼球突出の治療になります。

まぶたがくぼんで見える(上眼瞼陥没症と脂肪移植術)について

上眼瞼陥没症ともいわれ、年齢が進むにつれて、目がくぼみ落ち込んでしまっているように見える状態をいいます。原因として、眼球周囲を取り巻く脂肪量の不足や眼瞼下垂症によるとされています。また、まぶたの脂肪の除去と称して、脂肪を過剰に切除されてしまい、陥没してしまうケースもあります。
この様な場合、眼瞼下垂症があれば、下垂したまぶたを挙上する手術(挙筋腱前転術)を行い、必要があれば、同時に脂肪組織の移動術や移植術を行うこともあります。それぞれの状態に応じて、治療方法も異なります。

目頭切開(内眼角形成術)について

目が小さく見える、目が離れて見えるという理由で、目頭切開を希望される患者さんが多く見られます。最近、雑誌などに掲載されている芸能人と同じ目つきに憧れて、目頭切開を希望されるようです。実際、東洋人に特有な蒙古ひだは、日本人の70%程度の割合で先天的に存在すると報告されています。
この内眼角形成術は、この蒙古ひだを単純に切除さえすれば良いというものではなく、結構センスのいる手術だと考えています。ひだを効果的に除去しすぎて、目頭が丸く不自然になったり、傷跡が目立つ(肥厚性瘢痕)などの合併症も生じることもあります。一般的に、内眼角形成術は、控えめな手術にとどめた方が自然な目になると思います。

目尻の切開(外眼角形成術)について

目尻そのものを切開し、眼の横幅を延長する目的で行う手術法です。この目尻の切開で劇的に眼が大きくなると勘違いする方がおられますが、実際には切開しても2~3mm程度しか延長効果がありません。従って、この手術に対して過剰に期待する患者さんには、あまり適応されません。しかし、けがや手術後の瘢痕などのより、開眼に支障があれば、延長効果を期待して手術を行うこともあります。

お問い合わせ・ご予約
ページトップへ
ページトップへ

気になる悩み、まずはお気軽にご相談ください。

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-13-11ミフネ南船場ビル5F 
四ツ橋駅 1A出口 徒歩5分 心斎橋駅 北12番出口 徒歩7分